看護師から一般企業へ転職「看護師を続ける気になれず、3年目までに一般企業へ転職すると決めていた」

本日は看護師で一般企業に転職したい、もう看護師辞めたいと思っている方へ読んでほしい内容です。

看護師をしていてこう感じることがあると思います、、、

「ずっとこの先も看護師を続けたい」

「自分にはどうしても合わない」。

大きく分けるとこの2つに別れます。

 

そういった心で感じる、感覚的なことはすぐにわかるものだと思います。

 

本日は大阪大学を卒業後、親が喜ぶからという理由で看護師の道を選ぶも

自分には続けられないと早々に判断し3年目までに退職、一般企業へ転職成功した元看護師さんのブログを紹介します。

本日のブログはこのような悩みを持つ看護師さんに読んでいただきたいです↓

      • 看護師をもう続けられないと確信している
      • 一般企業へ転職したいと考えている
      • 別の仕事もしてみたいと思っている

このように悩んでいる看護師さんたちに読んでいただきたいです。

一歩前進する勇気が出ると嬉しいです。

看護師

一般企業に転職したいと思っている看護師さんは、今すぐ行動しましょう

看護師をしていて、どうしても自分にこの仕事は向いていない。

そう思って働いている看護師さんはどれくらいいるのでしょうか。

生活のために続けている人も多いでしょうが、大体の方は看護師の魅力を感じているからこそ、大変だといいつつ、続けることができているんだと思います。

でも「魅力なんて感じない、やりがいがない、他の仕事をしたい、どうしたらいいの」と悩んでいる看護師さんがいたら、今すぐに辞める行動をとるべきです。

その理由としては、、、

①退職したいと申し出てから退職日まで数ヶ月かかることが多い

②市場価値が落ちる

ということがあります。

一つ一つ解説していきましょう。

退職したいと申し出てから時間がかかるので早く行動するべき

まずはこちらからご説明しましょう。

みなさんの勤め先の職務規定に記載されているものは、だいたい退職は三ヶ月前に届け出るというものが多いと思います。

しかし、私達看護師の世界は、入職よりも退職が難しいという変わった世界

AIなどの新しい時代に突入していくもまだまだ、人手不足の状況なので、師長は退職を止めたい、引き伸ばそうとします。

今の私の職場では、まずは主任と面談して、次に師長と面談するという流れです。

そして、色々説得されて、「また来月もう一度話しましょう」というような流れに持っていかれがちなんです。

退職までの話し合いにも時間がかかります。

他にも退職希望者がいれば、どんどん後回しにされてしまうこともありますのね。

どんどんアピールした人から退職していきます。

(過去の私は押しが弱かったので、先輩たちが先に辞めていき、退職をこぎつけるまで一年以上かかりました、、、、、)

 

なので、看護師はどうしても向いていない、一般企業に転職したいという気持ちがもう固まっている方は早めの転職活動をおすすめします。

本日みなさんにご紹介したい元看護師さんのブログはこちらになります。

 

高学歴の元看護師さんが辞めたかった理由はこちら

高学歴看護師にメリットはあるのか

 

転職したい理由については、

転職して叶えたかったことをお読みください。

看護師

時間が経てば立つほど市場価値は落ちる

看護師にとっては、看護師経験が5年、10年ですとなると即戦力として喜んで採用されることが多いです。

しかし、一般企業にとっては、新卒から時間が経てば立つほど、中途採用者は採用されにくい傾向にあります。(もちろん職種にもよりますが)

第二新卒と言われる、大学卒業後3年以内の市場価値は近年上がってきています。(20代中盤頃)

第二新卒では、一度社会へ出て経験・勉強しているので社会人として見られます。

この時期を越えると、キャリアの無い異職種への転職は難しいものになってきます。

以下の理由から、第二新卒の時期が大事だと言えます。

①多くの企業で第2新卒を求めてきている

(看護師でも異職種へチャレンジしやすい)

②新卒だけれども社会人として経験がある

(厳しい看護師の世界を経験しているので、多分他の第二新卒よりもハートが強いと思う)

③一度社会へ出ていることから、育成されやすい

(看護師の厳しいお局社会で培った経験があるのでちょっとやそっとでは、めげないでしょう)

④未経験のジャンルでも、人柄が重視されやすい

(元看護師という経験と、人柄を売っていきましょう)

転職成功された元看護師さんは転職活動をしている中で、第二新卒でも「市場価値が低いことを感じた」そうです。

こちらの記事を御覧ください。

看護師の転職

看護師から異職種へ転職するとなると、勇気と、計画性が必要になってきます。

一旦退職してから転職活動したほうがいいのか、それとも仕事をしながら転職活動をしたほうがいいのか、

私は退職後に、転職活動に集中するほうがいいと思います。

実際は働きながらの転職活動というのは精神的にも体力的にもきついところがあります。

 

しかし、次の働くところはどんなところがあるんだろうと気になりますよね。

転職サイトを利用して情報収集をしながらだと、働きながら代わりに転職サイトの担当者が、希望条件にあった職場を探し提案してくれます。

情報だけでも先にえられると安心しますので、登録しておくことをおすすめします。

こういったものがあったので、もし、気になる方はこちらを見てみてください。

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職

 

元看護師さんは転職サイトに10個以上登録して探していたそうです。

実際に活用していたのは4,5個だったそうです。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。